カスタム

フリードのおすすめ純正アクセサリー10選!~エクステリア編~

更新日:

フリードはミニバンの中でも特に販売台数が多い人気車です。フリードのような人気車はたくさんの魅力が備わっていて後悔しにくいというメリットがありますが、その反面、街中でかぶりやすいと言うデメリットもあります。

人とかぶるのが嫌だという人はあえて人とは違う車を選びがちですが、どんな車にも純正アクセサリーと呼ばれるディーラーオプションが多数設定されています。それを選んで装着することによって、フリードのように街中でたくさん見かける車でも人とは違う個性を演出することが可能になるのです。

今回はフリードの純正アクセサリーの中で、人気が高くおすすめのアイテムを紹介したいと思います。本当にたくさんの種類があるので今回紹介する純正アクセサリーはエクステリアパーツのみとなりますが、 フリードの純正アクセサリーを選ぶ上での参考にしてください。

フリードは外観デザインも魅力的

引用元:フリード公式ページ

フリードは2008年からホンダが製造・販売を手がけているコンパクトミニバンです。最大の特徴は、コンパクトカーとさほど変わらないボディサイズでありながら広大な車内空間を実現しているところ。

最大7名まで乗車することが可能で、ミドルサイズミニバンと比較しても遜色はありません。ボディサイズが小さい分、小回りが利くので運転が苦手な人でも気軽にドライブを楽しむことができます。

両側スライドドアや低床フロアの採用など、日々の生活をサポートする道具としてはこの上ない選択肢です。このように、実用性や利便性ばかりに注目されがちのフリードですが、フリードの魅力は実用性や利便性だけではありません。

個人的に魅力だと感じるのは、フリードの外観デザインです。 フリードのような小柄な車はボディサイズや販売面での都合でデザインが優れていないことが多いですが、フリードはスタイリッシュなデザインを実現しています。

ですが、フリードは人気車ですからそんな魅力的な外観デザインも街中では埋もれてしまいます。人によっては人とかぶるのが嫌だという人もいるとは思いますが、そんな時にお勧めしたいのが純正アクセサリーの装着です。

純正アクセサリーとは自動車メーカーが自社でラインナップしている車種に設定しているグッズのこと。一般的にはディーラーオプションと呼びます。ディーラーオプションを装着することでフリードの外観は大きく変貌を遂げることになるので、個性を演出したい人にうってつけとなっているのです。

フリードには多数の純正アクセサリーが設定されているので、どのようなものを選んだらいいかわからないという人も大勢いるではないでしょうか。そこで今回は多数設定されているフリードの純正アクセサリーの中から、おすすめのものを10個ピックアップして紹介したいと思います。

おすすめ純正アクセサリー10選~エクステリア編~

今回ピックアップした純正アクセサリーはすべてエクステリアパーツです。人それぞれ好みの純正アクセサリーがあるとは思いますが、今回は私の独断で魅力的に感じたものをチョイスしました。

  • エアロバンパー
  • ロアスカート(フロント)
  • ロアスカート(サイド)
  • テールゲートスポイラー
  • フロントグリル
  • エンブレムイルミネーション
  • アルミホイール
  • LEDフォグライト
  • ドアバイザー
  • バンパーコーナープロテクター

以上の10個です。早速一つずつ紹介していきたいと思います。

 

エアロバンパー

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

エアロバンパーは純正アクセサリーとして設定されているフリードのフロントバンパーのことです。フリードに始めから装着されているフロントバンパーはスタイリッシュですが、比較的控え目でおとなしいデザインを採用しています。

昨今は派手なフロントマスクの車が増えているので、外観の煌びやかさが物足りないと感じる人もいるでしょう。エアロバンパーはそんな人におすすめしたい純正アクセサリーとなっています。

フリードにベースで装着されているフロントバンパーと比べて、スポーティーな造形を採用していることがわかりますね。特にエアロバンパー下部のデザインはスポーティーです。フォグランプの外側に配置された縦長のライトはビームライトと呼ばれるもので、周囲に自車の存在を促すだけではなく先進的な印象をプラスしてくれるのも大きな魅力です。

エアロバンパーの価格は66,960円(税込)です。ビームライトの価格も含んでいるので、リーズナブルな純正アクセサリーではありませんが、お得感は強いと思います。

ロアスカート(フロント)

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

続いて紹介する純正アクセサリーも、フリードのフロントマスクをイメチェンするグッズです。エアロバンパーは非常に迫力があるデザインを採用しているので、人によって好みが分かれると思います。

人とは差別化したいけど派手すぎるのは嫌だという人もいるでしょう。ロアスカート(フロント)はそんな人におすすめしたい純正アクセサリーです。ロアスカート(フロント)はフリードのフロントバンパー下部に直接取り付ける形で使用します。

純正のデザインをそのまま流用するので、ロアスカート(フロント)自体のインパクトは少ないですが、控え目でありながら、しっかりとアクセントを加えてくれる純正アクセサリーです。 エアロバンパーと比べて価格がリーズナブルなのもポイントのひとつ。エアロバンパーは価格設定が割と高価な印象がありましたが、ロアスカート(フロント)は27,000円(税込)で購入することができます。

エアロバンパーはフロントバンパーを全て交換して66,960円(税込)でしたが、ロアスカート(フロント)は小さなパーツだけなのに30,000円近い価格設定です。そのため、エアロバンパーとは対照的にリーズナブルな価格ではあるものの割高感は否めません。

ロアスカート(サイド)

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

エアロバンパーもしくはロアスカート(フロント)を装着するのであれば、合わせて購入したい純正アクセサリーがロアスカート(サイド)です。 ロアスカート(サイド)はその名の通り、フリードのサイドステップに装着することができる純正アクセサリーのこと。

エアロバンパーやロアスカート(フロント)と比べるといささか地味ではありますが、フロントフェンダーからリアフェンダーに向かってのびやかに流れるような造形が、フリードのスタイリングを引き締めてくれます。スポーティーさをプラスするので元から洗練されたスタイリングを実現しているフリードとは相性の良い純正アクセサリーです。

ホンダが展開しているブランドである「Modulo」製で、ロアスカート(サイド)のフロントフェンダー側にそのエンブレムがしっかりと確認できます。ワンポイントのエンブレムがスポーティー感を高めるとともにお洒落な印象をプラスしてくれますよ。

ロアスカート(サイド)の価格は両側合わせて43,200円(税込)となっています。決して安い値段とは言えませんが、他の純正アクセサリーと合わせて装着することであなたのフリードはさらにかっこよくなるはずです。

テールゲートスポイラー

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

フリードのスクエアボディは車内空間を広く確保するための工夫ですが、 車のスタイリングを強化するという点ではデメリットにもなり得ます。そんな単調なスクエアボディにアクセントを加えてくれる純正アクセサリーがテールゲートスポイラーです。

テールゲートスポイラーとはその名の通り、フリードのテールゲート上部に装着する空力パーツのこと。空力パーツとは言っても、普段使いではドレスアップとしての効果しか期待できません。

それはエアロバンパーやロアスカートも同様です。 ボディサイドまで広がるスポイラーは小柄で控えめながらも存在感があり、ドレスアップグッズとしては非常に効果的だと思います。

スポーツカーによく装着されているアクセサリーということもあり、 車に興味がない人でもそのスポーティさをしっかりと感じることができます。テールゲートスポイラーの価格は34,560円(税込)です。

フロントグリル

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

昨今の車はフロントグリルを個性的にデザインすることが大切です。フロントグリルが地味だと、車全体のイメージも地味に感じてしまいます。そのため、最近のミニバンを頭に思い浮かべてもらうとわかりやすいのですが、大半の車種が大きなフロントグリルを採用して、攻撃的なデザインに仕上げていますよね。

そのくらいフロントグリルは車のイメージを印象付ける上で非常に重要なパーツです。フリードのフロントグリルは可もなく不可もなくといった感じで、少なくとも主張が激しいわけではありません。

ところが、人によってはフリードのフロントグリルの主張が控え目でつまらないと感じる人もいるでしょう。純正アクセサリーとして設定されているフロントグリルは、フリードのフロントグリルのブラックアウトされている部分にダイナミックなデザインとメッキパーツならではの高級感をプラスしてくれます。

純正アクセサリーに設定されているフロントグリルはクロームメッキタイプとカラードタイプがあり、クロームメッキタイプであればフロントグリルの全てがメッキになって高級感が高まります。カラードタイプであればフロントグリルの上部がボディと同色になり、上質感とスポーティーな印象を高めてくれます。

どちらも価格は30,240円(税込)です。決して安くはありませんが、フロントマスクの中央に位置するフロントグリルのイメチェンをするパーツということで、価格に見合う価値は充分にあると感じました。

エンブレムイルミネーション

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

コンパクトミニバンであるフリードは道具としての実用性や機能性を重視している分、スタイリングにあまりおしゃれな印象を感じません。これは特に大きな欠点というわけでもありませんが、人によっては外観におしゃれな印象をプラスしたいという人もいるというのも事実です。

そんな人にはエンブレムイルミネーションがおすすめです。エンブレムイルミネーションとはフリードのフロントグリル中央に位置するホンダのエンブレム(Hマーク)をホワイトLEDで発光させるグッズのこと。

ホワイトLEDのシャープで先進的な輝きは、 周囲が暗くなりはじめる夕方以降から強く感じることができます。夜道で浮かび上がるエンブレムは本当におしゃれで、フリード自体の存在感を高めるグッズとしてもうってつけです。

エンブレムイルミネーションはスモールランプと連動しているので、逐一スイッチを入れる必要もありません。価格は19,440円(税込)となっています。

アルミホイール

車をドレスアップするアイテムとしてはもはや当たり前といっていいほど人気のアルミホイール。昨今は社外製ホイールだけでなく、メーカー純正のアルミホイールも多数用意されています。フリードもその車種のひとつで、フリードには全部で3種類のアルミホイールが純正アクセサリーとして用意されているので、自分の好みに合ったデザインのアルミホイールをチョイスすることが可能です。

15インチ アルミホイール ME-016

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

ブレードシルバー塗装が施されたシンプルな10本スポークのアルミホイール。個性はそれほど強くありませんが、シンプルな分、どんなグレードのフリードにもバッチリと似合います。

価格はアルミホイール1本につき14,580円(税込)です。

15インチ アルミホイール MG-018

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

こちらは上記で紹介したME-016をベースとしたアルミホイール。切削加工とプラウドシルバー塗装が施されており、クロームメッキのような輝きを放っています。

デザイン自体はME-016と共通していますが、高級感という点に関してはこちらの方が上回っていると感じます。価格はアルミホイール1本につき24,840円(税込)です。

15インチ アルミホイール MG-019

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

最後に紹介するアルミホイールは「Modulo」らしさが強く強調されたアルミホイールです。切削加工とグリントブラック塗装が施されており、 プレミアムでスポーティーな印象を受けます。

2×5のクロススポークデザインはスタイリッシュな印象をプラスするほか、足元に引き締まった印象を与えてくれるのでおすすめです。価格はアルミホイール1本につき24,840円(税込)となっています。

LEDフォグライト

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

悪天候時に前方もしくは後方の視界を確保してくれるフォグライト。昨今はヘッドライトの性能が向上したことで、若干存在感は薄れているものの、まだまだ必要不可欠な灯火類のひとつです。

フリードの純正アクセサリーとして設定されているフォグライトは今回ピックアップしたLEDフォグライトの他に、ハロゲン方式を採用したフォグライトも存在しています。個人的にはLEDフォグライトの方がおすすめです。

その理由はLEDフォグライトなら、フォグライトとしての活用だけでなくドレスアップパーツとしても効果的だからです。フリードのLEDフォグライトは高輝度LED+マルチリフレクター方式を採用していて、シャープで強い輝きを放ちます。

その光は昼間でも存在感があり、ドレスアップパーツとしてもデイライトとしても活用できますよ。ただし、LEDフォグライトにはひとつだけ欠点があります。LEDはその特徴として低消費電力ということが挙げられますが、電力の消費が少ないゆえに熱がこもりにくく、雪が付着した際に溶けにくいという欠点があるのです。

これは降雪地域に住んでいる人にとってはデメリットになるので、そういう人はハロゲンフォグライトを選ぶことをおすすめします。降雪地域ではないところに住んでいる人は、LEDフォグライトでも問題ありません。

LEDフォグライトの価格は本体とフォグライトガーニッシュ、取付アタッチメントなどの付属品を合わせて49,680円(税込)です。エアロバンパー用のLEDフォグライトも販売されており、こちらはフォグライトガーニッシュが必要ないので価格は43,200円(税込)となっています。

ドアバイザー

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

車内で喫煙する人が少なくなったことで、必ずしも必要なものではなくなったドアバイザー。しかし、ドアバイザーは雨や雪の日でも気軽に車内の換気ができるので、できることなら装着しておきたい純正アクセサリーのひとつです。

ドアバイザーは車のデザインを損なってしまうという欠点もありますが、フリードに設定されているドアバイザーはフリードのスタイリングを損なうことのないシンプルな形状を採用しています。そのため、車のデザインにこだわりがある人でも安心して装着することが可能です。

フリードのドアバイザーはフロント・リア用 左右4枚セットで19,440円(税込)となっています。決して高価な価格ではないので、フリードの実用性を高めるためにもぜひ装着しておきたいアイテムです。

バンパーコーナープロテクター

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

注意しながら運転していても、車をぶつけてしまうことは少なくありません。特にフロントバンパーの左右下部は死角ということもあって、ぶつけてしまった経験があるという人が多くいるのではないでしょうか。

大きな被害になることは少なくとも、やはり車の顔に傷をつけてしまうことになるのでどうしても目立ってしまいます。そんな時に役立つのがバンパーコーナープロテクターです。

バンパーコーナープロテクターはフロントバンパーの左右下部(コーナー部)を傷や衝撃から守ってくれるグッズのこと。これがあれば万が一フロントバンパーをぶつけてしまっても、被害から免れるもしくは被害を軽減することができます

価格はフロント用の左右セットで4,320円(税込)とリーズナブルなので、運転が苦手な人は購入しておくといいでしょう。ひとつ注意して欲しい点があって、それはエアロバンパーとロアスカート(フロント)をすでに装着している場合は、バンパーコーナープロテクターを装着できないということ。同時購入してしまわないように注意してください。

純正アクセサリーでフリードをカスタムしよう!

引用元:フリード公式ページ

今回はフリードのエクステリアを彩る「純正アクセサリー10選」を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。今回紹介した純正アクセサリーはそのほとんどがドレスアップ向きのグッズでしたが、フリードの個性を演出するという点に関しては最適のグッズだと思います。

特にエアロバンパーやロアスカートなどはドレスアップパーツとしての効果しかありませんが、装着するだけで手軽に満足感を得ることができるというのは大きなポイントだと思います。今後はインテリアに関する純正アクセサリーや車内の実用性や快適性を高める純正アクセサリーも紹介していくので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

この事実を知らないとフリードへの買い替えであなたは損をします。

無料、かつ1分で終わるワンステップを実施するかしないかが、フリードを購入する際に、あなたが損をするのか、それとも損をせずに逆に得をするのか、の分かれ目になることを知っていましたか。

もし、あなたが既に熱心に車の買い替えで損をしない方法を調べ尽くしていたら、「それ、知ってるよ。」と思われるかもしれませんが、この冒頭文を読んでぴんと来なかった場合は絶対に最後まで読み進めてください。

ポイントは今の愛車をどう手放すかです。ディーラーに普通に下取りに持っていく方が大半ですが、これは損する典型的なパターンです。

ディーラーは商売として、車を売買しているので、可能な限り安くあなたの愛車を下取ろうとしてきます。

1)高めの金額を提示→2)「仕方ないです!ここまで下取り金額アップします!」

ディーラーに行くとこのやりとりが発生しますが、ディーラー側の頭の中は「1で下取りできたらラッキー。2が目標下取り金額。」です。

なので、実際はもっと高く下取りできるのに、何も準備しないでディーラーに行くと損をします。

ワンステップ踏んでからディーラーに行くと騙されないで済む。しかも、無料。

ディーラーに向かう前に「ナビクル」であなたの車を一括査定に出す。これだけで、騙されないで済みます。

「ナビクル」とは、最大10社の買取業者に一括であなたの愛車を査定してもらえるサービスです。時間は1分程度で、しかも、無料で使えます。

1分の入力後には、一括で査定依頼が完了するだけではなく、あなたの愛車の概算価格も表示されるので、すぐに自分の車の大体の価値がわかります。

・複数買取業者からの査定金額の中で一番高い査定金額
・入力後すぐに表示される概算価格

の2つを持って、ディーラーに向かい、「ここの買取業者はA万円でこの車を買い取ってくれるらしいです。」と伝えれば、ディーラーはA万円以上であなたの愛車を下取らないといけなくなります。

もし、それでも、下取り金額が上がらないようでしたら、買取業者に車を売ってしまえばよいと思います。

「ナビクル」で1分の手間をかけるかけないで、丸腰でディーラーに向かうと、10万円以上損してしまう可能性もあります。

逆に1分の手間をかけるだけで、それが防げるなら、最高ですよね。時給換算してみると、とんでもない金額です。

損をして後から後悔したくない方は、1分だけ時間を使って、あなたの車の情報を入力してみてください。

ナビクルで査定依頼(無料)

▼公式ホームページ▼

-カスタム

Copyright© ホンダフリードの購入検討者用サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.