カスタム

フリードのおすすめ純正アクセサリー10選!~カーケア編~

更新日:

車は新車で購入したとしても経年劣化はどんどん進んでいきます。とはいえ、できることであれば常に綺麗な状態を保っておきたいと誰しもが考えているはずです。

コンパクトミニバンのフリードには多数の純正アクセサリーが設定されていますが、純正アクセサリーの中にはフリードの状態を綺麗に保つためのグッズが数多く用意されているのです。

今回はフリードの「カーケア」に関するおすすめ純正アクセサリーを10個紹介していきたいと思います。フリードに末永く乗るためには必要不可欠なグッズばかりなのでぜひ今後の参考にしてください。

フリードの状態を綺麗に保つには?

引用元:フリード公式ページ

フリードはホンダが製造・販売を手がけているコンパクトミニバンです。コンパクトミニバンとはその名の通りコンパクトカーをベースに開発された小型のミニバンのこと。

ミドルサイズミニバンと比較するとボディサイズには大きな違いがあり、ぱっと見た印象としてはコンパクトカーに近いような印象さえあります。フリードも同社のコンパクトカーであるフィットをベースに設計開発が進められました。

フリードの最大の特徴として挙げられるのが広大な車内空間です。コンパクトカーとさほど変わらないボディサイズの中に広々とした空間が備わっているので、大勢のユーザー、特にファミリー層から絶大な支持を誇っています。

両側スライドドアや低床フロアの採用など車内空間以外の魅力も多数備わっているということもあり、2008年の発売からたった10年程度でホンダの売れ筋車種へと成長しました。そんなフリードの購入を検討している人は少なくありません。

きっとあなたもそのひとりか、すでにフリードを所有しているユーザーのひとりかもしれませんね。フリードのことをよく調べているあなたならお分かりだと思いますが、フリードはミニバンでありながらスタイリッシュな外観を実現していることも魅力のひとつですよね。

そんなスタイリッシュな外観を常に維持し続けていくのは容易ではありません。日々の洗車はもちろん、日頃から気を遣いながら運転する必要があるので、時にはめんどくさく感じてしまうこともあるでしょう。

フリードの状態をできるだけ楽をしながら綺麗に保ちたいと考えている人は多いと思います。そんな時に役立つのが、ホンダがフリード向けに用意している純正アクセサリーです。

おすすめ純正アクセサリー10選!~カーケア編~

フリードには多数の純正アクセサリーが設定されています。純正アクセサリーは大きく分けて、日々の運転をサポートしてくれるグッズや車内を快適に過ごせるグッズ、ドレスアップパーツなどがありますが、今回お伝えしたい純正アクセサリーは「カーケア」に関するものです。

「カーケア」関連の純正アクセサリーを上手に活用すれば、楽にフリードの状態を綺麗に保つことができるようになります。今回はたくさんの純正アクセサリーの中から本当に役に立つ「カーケア」関連の純正アクセサリーを10個ほどピックアップしました。

  • プレミアム グラスコーティング グランデ
  • 新車向けボディコート ブライトポリマー
  • アンダーコート(防錆塗装)
  • アンダーコート(塩害対策塗装)
  • アルミホイールコート
  • 撥水ガラスコート
  • 室内消臭・抗菌・防ダニ
  • わさびd’air(デェール)
  • タイヤコート
  • プレミアム グラスコーティング 専用コンディショナー

以上の10個が今回紹介する純正アクセサリーになります。どれも魅力的なグッズばかりなので、早速その詳細をチェックしていきましょう。

プレミアム グラスコーティング グランデ

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

新車の輝きを永く保ちたい、洗車の手間を省きたい、車を所有している人ならそんな悩みを抱えることが多々あると思います。上記でもお伝えしましたが、車を新車で購入したとしても経年劣化はどんどん進行していくので気を抜くことはできません。

しかし、ボディコーティングを施していれば話は別です。フリードには異なる価格帯や用途に応じた様々なボディコーティングが用意されています。

  • プレミアム グラスコーティング グランデ
  • プレミアム グラスコーティング ハイドロフォビック
  • プレミアム グラスコーティング ウォーターランニング
  • グラスコーティング

以上の4種類です。 この中で私が最もおすすめしたいボディコーティングがプレミアム グラスコーティング グランデ。プレミアム グラスコーティング グランデをフリードのボディに施すことで最上級の光沢感と滑水性を手に入れることができます

フリードに用意されているボディコーティングの中では最上級のものなので、耐久性もバッチリです。ボディの表面を硬質なガラス系皮膜で覆うので長期間に渡って保護してくれます。

また、1年ごとにボディコーティングの状態を無料点検してくれます。点検の最長期間は5年間です。期間内にボディコーティングの劣化が進んでいる場合は保証の対象になるので安心してください。

プレミアム グラスコーティング グランデのガラス系被膜によって、汚れが雨が滑るように流れ落ちるため、日々の洗車は水洗いだけでも問題ありません。洗車の手間を大きく省くことができますよ。

新車向けボディコート ブライトポリマー

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

グラスコーティングとは仕組みがやや異なりますが、初心者向けボディコート ブライトポリマーという選択肢もあります。 光沢感や滑水性、耐久性などは先述したプレミアム グラスコーティング グランデには劣りますが、その分、 リーズナブルな価格で施工することが可能です。

ブライトポリマーとはフッ素樹脂をベースとした塗装膜保護剤のこと。水垢や泥汚れ、油汚れなどに強いことを特徴としています。

新車向けボディコート ブライトポリマーであれば新車の輝きをできるだけ長持ちさせるとともに、洗車の手間を省くことも可能です。6か月ごとの定期メンテナンスと1年ごとの無料点検により、最長5年間も保証期間が備わっています。

また、新車向けボディコート ブライトポリマーの魅力としてメンテナンスクリーナーキットが付属していることが挙げられます。メンテナンスクリーナーキットとは専用のカーシャンプーやスポンジ、ウエスなどがセットになっているグッズのことです。

これがあれば、日々のお手入れも簡単になるでしょう。

アンダーコート(防錆塗装)

極端な話をすれば車は鉄の塊ですから、手入れを怠るとどんどん錆が進行していきます。車をこれまで所有してきた人は分かると思いますが、錆の進行は本当に早いです。

特にボディの下回りはすぐに錆び付いてしまいます。ボディの下回りは普段確認する機会がないので気にしないという人もいるかもしれませんが、錆が進行すると下回りに穴が開いてしまい大きな出費にも繋がりかねません

また、車が錆びだらけになってしまうと下取りに出す時に査定額が大幅に安くなってしまう恐れもあります。それらのデメリットを考えると、アンダーコート(防錆塗装)は必ずしておいた方がいいです。

アンダーコート(塩害対策塗装)

塩害地域や未舗装路の多い地域で車を運転する機会が多い人におすすめしたいのがアンダーコート(塩害対策塗装)。こちらのアンダーコートも結局は棒錆塗装であることに変わりはないのですが、凍結防止剤・海水による塩害などに強いことが大きな特徴となっています。

凍結防止剤や塩害による錆は一般的な錆よりも極端に進行が早いことで有名です。そういった意味ではアンダーコート(棒錆塗装)よりも重要度は高いかもしれません。

上記でもお伝えしましたが、ボディの下回りが錆びてしまうと、余計な出費や下取りの査定額の低下に繋がってしまう恐れがあるので注意してください。

アルミホイールコート

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

車のかっこよさを大きく左右するアルミホイール。アルミホイールに限ったことではないですが、ホイールの表面は泥や砂、アスファルト、ブレーキダストなどによってすぐに汚れてしまいます。

車を洗車する機会が多い人はよく分かると思いますが、アルミホイールに付着した汚れはしつこく取りにくい上に、きれいに洗ったとしてもすぐに汚れまみれになってしまうのです。そんな時に便利な純正アクセサリーがアルミホイールコートです。

アルミホイールコートとはアルミホイール表面に施行するコーティング剤のことで、表面にガラス系皮膜を形成します。ブレーキダストをはじめとする汚れの固着を防止するだけではなく、汚れの落としやすさにも優れた効力を発揮する優れものです。

アルミホイールコートを施工することで、フリードの手入れの手間を省くことができますよ。効果の目安は約1年間なので、1年が過ぎたタイミングで再度施工すると良いと思います。

撥水ガラスコート

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

悪天候だと周囲が薄暗くなる上に降り注ぐ雨水によって視界が狭まるので、雨の日の運転を不安に感じている人は多いと思います。注意が薄暗くなるのは仕方ないにしても、雨水によって視界が狭まるのは何とかしたいですよね。

フリードに設定されている純正アクセサリーを活用することで、そんな不安を払拭することもできます。 悪天候時にしっかりと効力を発揮してくれるのが撥水ガラスコートです

撥水ガラスコートをガラス面に施工することで降り注ぐ雨水を水滴にして弾き飛ばすことができます。これにより、大雨の日でも施工していない車両に比べ広い視界を確保することが可能です。

ガラス面を覆う皮膜は撥油性や耐摩耗性にも優れているので、厄介な油膜やガラス汚れの付着防止にも対応することができます。冬はガラスの凍結も厄介ですが、フリードに用意されている撥水ガラスコートなら解氷効率も向上しているので解氷に手間がかかりません。

本格的な撥水ガラスコートが必要ないという人にはクイック撥水ガラスコートという選択肢もあります。こちらは撥水効果が約1か月間に渡って持続する簡易的な撥水コートです。

室内消臭・抗菌・防ダニ

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

先述している純正アクセサリーはすべてが外観の手入れを行うための純正アクセサリーでしたが、これから紹介する室内消臭・抗菌・防ダニはインテリアの状態を清潔に保つための純正アクセサリーです。

車内で飲食を行ったりアウトドアや釣りをしたりする人は、室内にこびりついた嫌な臭いを消臭するためにも室内消臭抗菌防ダニを施工することをおすすめします。また小さなお子さんが同乗することが多い人にもおすすめです。

室内消臭抗菌防ダニの効果は約6か月間にわたり継続します。車内にこびりついた不快な臭いの原因を取り除くだけでなく一定期間にわたって臭いを抑えてくれるのも嬉しいですね

わさび d’air(デェール)

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

わさびd'airは車用エアコンに向けて使用する消臭抗菌剤になります。それなりに使用年数が経過した車両はエアコン内部に雑菌が繁殖し、冷風・温風ともに嫌な臭いを放出してとても不愉快です。

エアコンフィルターに装着するだけでその効果を実感できるので、是非購入しておきたい純正アクセサリーのひとつとなっています。価格も2,484円(税込)ととてもリーズナブルなのでおすすめです。

タイヤコート

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

経年劣化が進むのは車だけではありません。最も目に見えやすい形で経年劣化が進行するものといえばやはりタイヤだと思います。

走行距離が増えるにつれてタイヤは劣化していきますが、直接地面には接触しないタイヤの側面も汚れや紫外線によって劣化が進むことはご存知でしょうか。車を所有している人は分かると思いますが、経年劣化が進んだタイヤは若干黄ばみがかったような色合いになって見た目も悪いです。

タイヤの側面が黄ばんでしまうとフリードのスタイリッシュなボディも台無しになってしまいます。フリードの状態を綺麗に保つ為にボディコーティングなどを施工するのであれば、同時にタイヤコートも使用した方がいいです。

タイヤコートもフリードの純正アクセサリーとして販売されています。使い方は非常に簡単。タイヤの側面にスプレーするだけでUVカットと撥水効果を発揮するだけでなく艶出し効果も備わっている優れものです。

価格も300mlで1,728円(税込)とリーズナブルなので、ボディコーティングなどを施工するのであればセットで購入しておきましょう。

プレミアム グラスコーティング 専用コンディショナー

フリードにはたくさんの種類のグラスコーティングが用意されていました。上記でおすすめしたプレミアム グラスコーティング グランデは効果が長期間に渡って持続する分、定期的なメンテナンスも必要です。

メンテナンスとはいっても何も難しいことはありません。別売の純正アクセサリーとして販売されているプレミアム グラスコーティング 専用コンディショナーを使って車のボディを洗車するだけです。

プレミアム グラスコーティング 専用コンディショナーがあれば、プレミアム グラスコーティング グランデがより永くより強い効果を発揮してくれます。プレミアム グラスコーティング 専用コンディショナーの価格は100mlで5,400円(税込)です。

純正カーケア用品ならフリードを綺麗に保つことができる!

引用元:フリード公式ページ

今回は「カーケア」用品に関するフリードの純正アクセサリーを10個紹介しましたが、いかがだったでしょうか。車用品店やホームセンターで販売されている社外製の高価なカーケア用品を使用しなくても、紹介した純正アクセサリーを用いることでフリードを綺麗に保つことは充分に可能です。

「カーケア」用品に関する純正アクセサリーは今回紹介した10種類のグッズ以外にもたくさんの種類が用意されています。気になる人はぜひホンダ純正アクセサリー公式サイトをチェックしてみてください。

きっとあなた好みのグッズが見つかるはずです。当サイトでは「カーケア」用品に関する純正アクセサリーだけでなく、エクステリアやインテリア、運転サポートなどに関するおすすめ純正アクセサリーを別記事にて紹介しているので、そちらも参考にしてください。

この事実を知らないとフリードへの買い替えであなたは損をします。

無料、かつ1分で終わるワンステップを実施するかしないかが、フリードを購入する際に、あなたが損をするのか、それとも損をせずに逆に得をするのか、の分かれ目になることを知っていましたか。

もし、あなたが既に熱心に車の買い替えで損をしない方法を調べ尽くしていたら、「それ、知ってるよ。」と思われるかもしれませんが、この冒頭文を読んでぴんと来なかった場合は絶対に最後まで読み進めてください。

ポイントは今の愛車をどう手放すかです。ディーラーに普通に下取りに持っていく方が大半ですが、これは損する典型的なパターンです。

ディーラーは商売として、車を売買しているので、可能な限り安くあなたの愛車を下取ろうとしてきます。

1)高めの金額を提示→2)「仕方ないです!ここまで下取り金額アップします!」

ディーラーに行くとこのやりとりが発生しますが、ディーラー側の頭の中は「1で下取りできたらラッキー。2が目標下取り金額。」です。

なので、実際はもっと高く下取りできるのに、何も準備しないでディーラーに行くと損をします。

ワンステップ踏んでからディーラーに行くと騙されないで済む。しかも、無料。

ディーラーに向かう前に「ナビクル」であなたの車を一括査定に出す。これだけで、騙されないで済みます。

「ナビクル」とは、最大10社の買取業者に一括であなたの愛車を査定してもらえるサービスです。時間は1分程度で、しかも、無料で使えます。

1分の入力後には、一括で査定依頼が完了するだけではなく、あなたの愛車の概算価格も表示されるので、すぐに自分の車の大体の価値がわかります。

・複数買取業者からの査定金額の中で一番高い査定金額
・入力後すぐに表示される概算価格

の2つを持って、ディーラーに向かい、「ここの買取業者はA万円でこの車を買い取ってくれるらしいです。」と伝えれば、ディーラーはA万円以上であなたの愛車を下取らないといけなくなります。

もし、それでも、下取り金額が上がらないようでしたら、買取業者に車を売ってしまえばよいと思います。

「ナビクル」で1分の手間をかけるかけないで、丸腰でディーラーに向かうと、10万円以上損してしまう可能性もあります。

逆に1分の手間をかけるだけで、それが防げるなら、最高ですよね。時給換算してみると、とんでもない金額です。

損をして後から後悔したくない方は、1分だけ時間を使って、あなたの車の情報を入力してみてください。

ナビクルで査定依頼(無料)

▼公式ホームページ▼

-カスタム

Copyright© ホンダフリードの購入検討者用サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.