カスタム

フリードのおすすめ純正アクセサリー10選!~セキュリティー・運転サポート編~

更新日:

車離れが進んでいるとは言っても車が趣味だという人はまだまだ多いと思いますが、そもそも車は日々の生活を便利にする移動手段なので、多くの人は便利な車に乗りたいと考えているはずです。便利な車というとまず1番にミニバンが頭に思い浮かぶと思います。

ホンダが販売しているフリードもそのひとつです。フリードは日常の利便性を高めるだけでなく、運転が苦手な人でも気軽に扱えることをウリにしています。

そんなフリードに設定されている多数の純正アクセサリー。純正アクセサリーを装着することで、フリードをもっと便利で快適な移動手段に仕上げることができるということはご存知でしょうか。

今回はフリードをさらに魅力的な車にすることができるおすすめの純正アクセサリーを10個ピックアップしました。皆さんがフリードを購入する上で参考にしていただければと思います。

フリードは運転がしやすいコンパクトミニバン

引用元:フリード公式ページ

フリードはホンダが2008年から製造・販売を行っているコンパクトミニバンです。2016年に登場した現行フリードは同社のコンパクトカーであるフィットをベースに設計・開発されていて、コンパクトカーとさほど変わりないボディの中に広大な車内空間を実現しています。

乗車定員は最大7名なので一般的なファミリー層であれば、フリード1台で家族全員が移動することが可能です。ミニバンとして充分活用できる実用性が備わっていながらも、コンパクトカーのような運転のしやすさもウリのひとつとしています。

ミニバンとはいってもボディサイズはコンパクトなので、都市部や狭い路地でも気軽に運転することができますよ。全高が高く設定されているので運転席からの見通しは良好で、ボンネットが短いためフロントの距離感もつかみやすいです。

このようにフリードは運転が苦手な人でも簡単に運転することができるようになっています。それでも運転が不安に感じる人は、フリードに設定されている純正アクセサリーの活用をおすすめします。

おすすめの純正アクセサリー10選!~セキュリティー・運転サポート編~

フリードには多数の純正アクセサリーが設定されています。あまりにもその種類が膨大すぎて「どれを選んでいいかわからない」という人も多いと思うので、今回はフリードのセキュリティーの向上とドライバーの運転サポートをしてくれる純正アクセサリーをピックアップしました。

  • ハンズフリースライドドア
  • オートサイドステップ
  • リアワイドカメラシステム
  • リアカメラ de あんしんプラス2
  • アドバンスドルームミラー
  • オートリトラミラー
  • おもてなしフォグライトシステム
  • センサー/センサーインジケーター
  • ドライブレコーダー
  • リモコンエンジンスターター

以上の10個です。これらの純正アクセサリーを用いることであなたのカーライフはさらに快適になるはず。それでは早速ひとつずつ丁寧に解説していきたいと思います。

ハンズフリースライドドア

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

フリードには両側スライドドアが採用されていますが、基本的にスライドドアはドアノブを用いて施錠・開錠できるようになっています。しかし買い物をした後やお子さんの荷物を持っている時など、両手がふさがっている時にスライドドアを開閉するのは少々難しいですよね。
そんな時にハンズフリースライドドアという純正アクセサリーを装着しておけば非常に便利です。ハンズフリースライドドアとはその名の通り、手を使わなくても開閉できるスライドドアのこと。

どのような仕組みなのかというとボディの下側にセンサーが設置されていて、そこに足をかざすことでスライドドアを開閉できるというわけです。これがあれば荷物が多い時、お子さんを抱っこしている時でもスライドドアを簡単に開閉できるようになりますよ。

この便利さは実際に使ってみないことにはなかなか伝わらないと思いますが、ファミリー層にとってはうってつけの純正アクセサリーとなっているので、是非一度ディーラーで実際に体験してみてください。 ハンズフリースライドドアの価格は、本体・スイッチキット・取付アタッチメントの3点がセットになって29,160円(税込)です。

日常での利便性が高まることを考えれば決して高価な価格ではないので、装着することをおすすめします。ファミリー層にとっては、もはやマストなグッズです。

オートサイドステップ

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

フリードは低床フロアを採用しているので、ほかの車に比べると乗り降りがしやすいように設計されています。そのため、小さなお子さんや年配の方であっても楽に乗り降りすることが可能です。

しかし、お子さんの年齢や足が不自由な人にとってはフリードでもまだまだ乗り降りが大変かもしれません。そんな時に活躍してくれるグッズがオートサイドステップです。

オートサイドステップは助手席側ドアと左側スライドドアの開閉に連動して作動する純正アクセサリーのこと。普段はボディ下部に格納されているのですが、作動とともにボディ下部からスライドして乗り降りをサポートしてくれます。

サイドステップは大きめでフラットな形状が採用されているので、足を引っかけてしまったり、足がはみ出してしまったりすることもありません。暗い場所や夜間になるとLEDブルーイルミネーションが点灯するため、足元を確認できるので安心です。

オートサイドステップの価格は、本体・スイッチキット・取付アタッチメントの3点がセットになって189,000円(税込)となっています。少々お高いようにも感じますが、とても便利なグッズなので小さなお子さんや年配の方々と住んでいる人は装着を検討してみてください。

リアワイドカメラシステム

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

昨今の車は後退時に作動するバックカメラの装着がもはや当たり前となっています。これから紹介するリアワイドカメラシステムもバックカメラのひとつなのですが、一般的なバックカメラとは大きな違いがあるのです。

このシステムは3種類の異なる視点から後方を確認することができます。ノーマルビューは従来のバックカメラと同じ視点で後方を確認することができ、ワイドビューは約180度の広い視界を確保することが可能です。

リアワイドカメラシステムの最大の魅力であるトップダウンビューは、真上から見下ろしたような視点でフリードの後方を確認することができます。後退中の停止位置と障害物までの距離感がつかみやすいのでおすすめの表示です。

基本的にはガイド線が表示されるようになっているのですが、ガイド線が見にくく邪魔に感じる人はガイド線をオフにすることもできます。リアワイドカメラシステムの価格は本体と取付アタッチメントの2点で29,160円(税込)です。

3方向の異なる視点から後方確認できる優れたシステムにもかかわらず、30,000円弱というリーズナブルな価格で装着できるのは嬉しいですね。

リアカメラ de あんしんプラス2(ダブルビュー)

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

フリードに設定されているバックカメラはリアワイドカメラシステムだけではありません。リアカメラ de あんしんプラス2という純正アクセサリーも用意されています。

リアワイドカメラシステムは3方向の異なる視点から後方確認できるというものでした。それに対し、リアカメラ de あんしんプラス2は従来のバックカメラと同じ視点から後方確認できる機能をはじめとする複数の機能が備わっています。

目玉となる機能は車両後方の駐車枠を検知し、自車と駐車枠の角度ズレを知らせてくれるというものです。タイヤの角度も確認できるので、よりスムーズに駐車することができます。

また、後退出庫サポートという機能も備わっています。後退出庫サポートとは、後退する時に車両後方の左右から接近する車両や歩行者を検知し、警報してくれるという機能です。

さらに、走行中は死角になりやすい左右後方の約3メートルを検知。検知している範囲の中に車両が入った場合、その方向にウインカーを出すと警報で注意を促してくれます。車線逸脱警報機能もリアカメラ de あんしんプラス2の機能の中に含まれているので安心です。

カメラ DE あんしんプラス2の価格は本体と取付アタッチメントの2点で25,920円(税込)となっています。こちらもリアワイドカメラシステムと同様、リーズナブルな価格と多機能を両立しているのでおすすめの純正アクセサリーです。

アドバンスドルームミラー

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

フロントガラスの上部に必ず配置されているルームミラー。安全運転をする上で欠かせない装備のひとつですが、昨今はルームミラーにリアカメラの映像を映し出すデジタルミラーというものが人気を博しています。

これから紹介するアドバンスドルームミラーもそのひとつです。車両後方のカメラ映像をルームミラーに映し出してくれるので、同乗者や荷物の積載によって視界が狭くなった時、悪天候時の視界が悪い時や夜間でも鮮明かつ広い後方視界を確保することができます。

もちろん、ミラーモードに切り替えればカメラ映像を映し出すだけでなく、通常のルームミラーとしても使用することが可能です。こちらは自動防眩機能が付いているので、 上手に使い分けると良いでしょう。

フリードの後方視界は決して悪いということはありません。しかし、アドバンスドルームミラーのような純正アクセサリーがあれば、さらに安全かつ快適に移動を楽しむことができます。

アドバンスドルームミラーの価格は本体と取付アタッチメントの2点で84,240円(税込)です。決して安い価格ではありませんが、価格に見合った価値はあると思います。

オートリトラミラー

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

日本は基本的に駐車場が狭いので、駐車場はドアミラーを格納することが推奨されています。ドアミラーを格納することで乗り降りが容易になる上、車両と車両の隙間を歩行者が通り抜けやすくなるからです。

ですが、時にはドアミラーの格納を忘れてしまうことがありますよね。そんな時にフリードの純正アクセサリーとして設定されている、オートリトラミラーがあればとても役に立ちます。

オートリトラミラーとはいわゆる自動格納ドアミラーのことで、ドアのロック/アンロックに連動して作動。ドアロックした時は自動でドアミラーを格納、アンロックした時は自動でドアミラーを展開してくれます。

地味と思われがちな機能ではありますが、車をよく運転する人はそのありがたみがわかるはずです。オートリトラミラーはなくても問題はありませんが、装着しておけばとても便利な純正アクセサリーとなっています

オートリトラミラーの価格は10,800円(税込)です。決して高価な価格ではないので、 予算を気にすることなく装着することができますね。

おもてなしフォグライトシステム

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

やかんや薄暗い駐車場では自車の位置がわかりづらくて困ることがありますよね。フリードにはそのような場合でも便利な純正アクセサリーが設定されています。

それがおもてなしフォグライトシステムです。フリードに採用されているキーレスエントリーシステムを使用して、車のロックを解除した時にフォグライトが一定時間点灯して前方を明るく照らします。

暗闇の中で自車の位置がわかりやすくなるだけではなく、足元が照らされるので安全に乗車することが可能です。また、おもてなしフォグライトシステムは降車する時にも役に立ちます。

エンジンスイッチオフに連動してフォグライトが一定時間自動点灯するので、車から降りた後も足元の確認をすることができるのです。フォグライトが点灯中に車をロックすることで、点灯時間はさらに延長されます。

自車のそばから離れても車両前方の足元照らし続けるので安心です。おもてなしフォグライトシステムはとても便利なシステムですが、人によっては使用頻度が少ないかもしれません。

個人的には自宅や職場など、夜間や薄暗い場所で車を乗り降りする機会が多い人にこそうってつけの純正アクセサリーだと思います。おもてなしフォグライトシステムの価格は10,800円(税込)です。

上記の価格はおもてなしフォグライトシステム単体の価格であって、フォグライトの価格は含まれていません。フォグライトが標準装備されていない車両は別途LEDフォグライトもしくはハロゲンフォグライトの装着が必要なので注意しましょう。

センサー/センサーインジケーター

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

いくらフリードが運転しやすいミニバンとはいっても、運転が苦手な人にとっては運転するのが不安だと思います。特に車両の感覚がいまいちつかめない人は車を障害物にぶつけてしまわないか心配ですよね。

そんな時にセンサー/センサーインジケーターが大活躍です。まずはセンサーの紹介から進めていきたいと思いますが、センサーにはフロントセンサーとリアコーナーセンサーの2種類が用意されています。

フロントバンパーもしくはリアバンパーに装着されたセンサーが障害物の接近を感知。 自車と障害物の距離により、異なる3種類の警告音で障害物の接近をお知らせしてくれるので、狭い道での右左折や駐車場内でも便利な機能です。

続いて、センサーインジケーターを紹介します。センサーインジケーターとは、ダッシュボード両端もしくはラゲッジスペース上部に設置するグッズのこと。インジケーターが4段階の光で点灯して、障害物の距離を知らせてくれます。

例えば、車両の右前方に障害物を感知した場合は、ダッシュボード右側に設置したセンサーインジケーターが点灯。車両の左後方に障害物を感知した場合は、ラゲッジスペース上部の右側に設置したインジケータが点灯するというわけです。

センサーインジケーターは上記でお伝えしたセンサーと同時装着する必要があります。これはの純正アクセサリーを用いることで、障害物との接触を最小限に抑えることができますよ。

フロントセンサーの価格は14,580円~34,560円(税込)です。リアコーナーセンサーの価格は17,280円~25,920円(税込)となっています。

グレードや装着しているバンパーによって価格が異なるので、詳細はホンダ純正アクセサリー公式サイトをチェックして下さい。フロントセンサーインジケーターとリアセンサーインジケーターの価格はどちらも6,480円(税込)となっています。

これらを全て装着するとそれなりに高価な価格になってしまうのですが、車をぶつけてしまいそれを修理するとなるとセンサー/センサーインジケーター以上の出費になりかねません。それを考えると、運転が苦手な人はセンサー/センサーインジケーターの装着を検討した方がいいと思います。

ドライブレコーダー

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

昨今は煽り運転が問題視されていますが、煽り運転の大きな抑止力となるのがドライブレコーダーです。ドライブレコーダーが装着されていれば、煽り運転する側は煽ることを躊躇しますし、 事故が発生したときの状況を把握する際にも役立ちます

ドライブレコーダーは価格帯によって採用されている機能が異なりますが、フリードの純正アクセサリーとして設定されているドライブレコーダーはナビ連動タイプ。駐車時録画機能も備わっています。

駐車時録画機能はンジンスイッチオフから約30分間にわたって録画を継続。その後、車両との接触などによって衝撃を検知した場合は60秒間の録画を行うというものです。

ナビ連動タイプなのでドライブレコーダーの映像をカーナビのディスプレイに表示することもできて便利ですよ。フロント用ドライブレコーダーの価格は30,240円(税込)、リア用ドライブレコーダーの価格は27,000円(税込)となっています。

単品価格での合計は57,240円(税込)ですが、お得なドライブレコーダーパッケージを購入すれば56,160円(税込)で購入することが可能です。セットで購入してもあまり金額の差はないので、どっちも購入するという人だけドライブレコーダーパッケージを購入すればいいと思います。

リモコンエンジンスターター

引用元:ホンダ純正アクセサリー公式ページ

車はとても便利な乗り物ですが、不便なところもあります。例えば、寒い冬や暑い夏に長時間車を動かさずにいると、車内の温度が不快なまでに変化してしまいますよね。

エンジンスイッチをONにした直後はエアコンが快適な冷風・温風を出すまでに時間もかかってしまいます。こればかりはどうしようもないので我慢するしかないのですが、そんな悩みもリモコンエンジンスターターがあればすぐに解決できるのです。

リモコンエンジンスターターは離れた場所から車のエンジンを始動させることができるグッズです。エアコン連動機能が備わっているので、車内の温度が快適な状態になってから乗り込むことができます

リモコンエンジンスターターがあれば、冷え切った車内や蒸し暑い車内で不快な思いをしながら運転する必要はありません。いちいち車内に乗り込むことなく車のランチができるので、 車にとっても助かります。

社外製のリモコンエンジンスターターはデザインが不格好なものも多いですが、ホンダ純正のリモコンエンジンスターターはデザインもスタイリッシュでかっこいいです。スマートキーとセットで管理しておけば、キーホルダー感覚で持ち運ぶこともできます。

リモコンエンジンスターターの価格は本体と取付アタッチメントの2点で30,240円(税込)です。ひと昔前は高価だったリモコンエンジンスターターも昨今ではリーズナブルになっているので、できれば購入しておきましょう。

純正アクセサリーでフリードはもっと便利になる!

引用元:フリード公式ページ

今回はフリードのセキュリティーと運転サポートに関するおすすめ純正アクセサリーを10個紹介しましたが、いかがだったでしょうか。今回ピックアップした純正アクセサリーを装着することで、フリードの快適性や利便性、安全性は大きく向上させることができます。

どれも魅力的なアイテムばかりですが、もちろん必ずしも装着しなければいけないわけではありません。しっかりと検討して、本当に必要だと感じるものだけを購入すれば充分です。

当サイトではセキュリティーと運転サポートに関する純正アクセサリー以外にも、エクステリアやインテリアに関するおすすめ純正アクセサリーも紹介しているので、そちらも併せてご覧ください。皆さんがフリードを購入する上での参考になれば幸いです。

この事実を知らないとフリードへの買い替えであなたは損をします。

無料、かつ1分で終わるワンステップを実施するかしないかが、フリードを購入する際に、あなたが損をするのか、それとも損をせずに逆に得をするのか、の分かれ目になることを知っていましたか。

もし、あなたが既に熱心に車の買い替えで損をしない方法を調べ尽くしていたら、「それ、知ってるよ。」と思われるかもしれませんが、この冒頭文を読んでぴんと来なかった場合は絶対に最後まで読み進めてください。

ポイントは今の愛車をどう手放すかです。ディーラーに普通に下取りに持っていく方が大半ですが、これは損する典型的なパターンです。

ディーラーは商売として、車を売買しているので、可能な限り安くあなたの愛車を下取ろうとしてきます。

1)高めの金額を提示→2)「仕方ないです!ここまで下取り金額アップします!」

ディーラーに行くとこのやりとりが発生しますが、ディーラー側の頭の中は「1で下取りできたらラッキー。2が目標下取り金額。」です。

なので、実際はもっと高く下取りできるのに、何も準備しないでディーラーに行くと損をします。

ワンステップ踏んでからディーラーに行くと騙されないで済む。しかも、無料。

ディーラーに向かう前に「ナビクル」であなたの車を一括査定に出す。これだけで、騙されないで済みます。

「ナビクル」とは、最大10社の買取業者に一括であなたの愛車を査定してもらえるサービスです。時間は1分程度で、しかも、無料で使えます。

1分の入力後には、一括で査定依頼が完了するだけではなく、あなたの愛車の概算価格も表示されるので、すぐに自分の車の大体の価値がわかります。

・複数買取業者からの査定金額の中で一番高い査定金額
・入力後すぐに表示される概算価格

の2つを持って、ディーラーに向かい、「ここの買取業者はA万円でこの車を買い取ってくれるらしいです。」と伝えれば、ディーラーはA万円以上であなたの愛車を下取らないといけなくなります。

もし、それでも、下取り金額が上がらないようでしたら、買取業者に車を売ってしまえばよいと思います。

「ナビクル」で1分の手間をかけるかけないで、丸腰でディーラーに向かうと、10万円以上損してしまう可能性もあります。

逆に1分の手間をかけるだけで、それが防げるなら、最高ですよね。時給換算してみると、とんでもない金額です。

損をして後から後悔したくない方は、1分だけ時間を使って、あなたの車の情報を入力してみてください。

ナビクルで査定依頼(無料)

▼公式ホームページ▼

-カスタム

Copyright© ホンダフリードの購入検討者用サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.